製剤技術とGMPの最先端技術情報

製剤研究者が注目する一押しトピック
部分最小二乗回帰手法を用いた打錠工程における
フィードフォワード制御

 製薬産業において、伝統的なバッチ生産に代わり、連続生産の導入に向けた研究が盛んに行われている。連続生産は伝統的なバッチ生産に置き換わることが期待されており、製造工程の柔軟性、コスト面、頑健性を革新す...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

製剤研究者が注目する一押しトピック 記事一覧

TOP