製剤技術とGMPの最先端技術情報

  • PTJ ONLINE トップ
  • ARTICLES
  • 経口にてがん幹細胞へナノ粒子を送達し、その作用抑制により大腸がんの効果的治療を達成

製剤研究者が注目する一押しトピック
経口にてがん幹細胞へナノ粒子を送達し、その作用抑制により大腸がんの効果的治療を達成

 最近の製剤関連トピックを製剤研究者の目線で紹介しているファームテクジャパン本誌の連載から、一部を抜粋してご紹介します。 大腸がんが幹細胞性を獲得するとがんが再発したり、転移したりする。そのため、がん...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

製剤研究者が注目する一押しトピック 記事一覧

TOP