製剤技術とGMPの最先端技術情報

製剤研究者が注目する一押しトピック
治験用タンパク質製剤の静脈内投与時の課題の克服

 ピギーバック(Piggyback)法は三方活栓やY字管経由で別の輸液をメインの輸液の点滴投与に混合して連続的に投与する方法であり、管理が容易なため多くの病院で汎用されている。 本報は、皮下投与製剤と...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

製剤研究者が注目する一押しトピック 記事一覧

TOP