製剤技術とGMPの最先端技術情報

  • PTJ ONLINE トップ
  • ARTICLES
  • 抗体処方のポンプ充填時の凝集・粒子形成はポンプ表面とタンパク質分子の静電的相互作用で制御される

製剤研究者が注目する一押しトピック
抗体処方のポンプ充填時の凝集・粒子形成はポンプ表面とタンパク質分子の静電的相互作用で制御される

 最近の製剤関連トピックを製剤研究者の目線で紹介しているファームテクジャパン本誌の連載から、一部を抜粋してご紹介します。 タンパク質の微粒子や凝集物は治療用タンパク質製剤の有効期間や有効性に大きく影響...続きは会員登録(無料)いただくとご覧いただけます。

会員登録(無料)により、雑誌記事を除くすべての記事閲覧と機能活用ができます。
PHARM TECH JAPAN ONLINEの活用ガイドはこちら

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

製剤研究者が注目する一押しトピック 記事一覧

TOP