製剤技術とGMPの最先端技術情報

 東大、アビガンの合成中間体の高効率合成法を開発

 東京大学大学院理学系研究科化学専攻の小林修教授と同理学系研究科グリーン・サステイナブルケミストリー社会連携講座の石谷暖郎特任准教授らの研究グループは、ファビピラビル(商品名:アビガン)の合成中間体で...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【特集】新型コロナウイルスの影響 記事一覧

TOP