製剤技術とGMPの最先端技術情報

連続生産をめぐる動向 ICH Q13の議論現状と国内での取り組み(1/2)

 2020年2月26日に都内の全電通労働会館で行われた第22回医薬品品質フォーラムシンポジウムで、大日本住友製薬の松井康博氏が「ICH Q13の活動状況と国内における連続生産の取組み」と題して講演した...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【特集】連続生産実現への道筋 記事一覧

TOP