製剤技術とGMPの最先端技術情報

ISPE日本本部年次大会2018
連続生産の議論が次のステップに State of Controlとは何か?
AMED研究班が文書公表

 2018年5月24日のISPE日本本部年次大会で講演したPMDAの松田嘉弘氏は、連続生産実現に向けた重要な要素である“State of Control“の考え方を示す、AMED研究班の新たな成果物を...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

こちらの記事もご覧ください

【特集】連続生産実現への道筋 記事一覧

【特集】ISPE日本本部年次大会2018 記事一覧

TOP