製剤技術とGMPの最先端技術情報

-真の連続生産を目指す-
【座談会】連続生産の現状と今後の課題を探る(後半)
出席者:Ajaz S. Hussain氏、Martin Warman氏、中村豪之氏、田原耕平氏、夏山 晋氏
司会:竹内洋文氏

【竹内】フセイン氏に連続生産が米国で注目されてきた背景などについておまとめいただき、医薬品業界にとって新しい技術であるPATが登場したにも関わらず、なかなか浸透しづらい状況だったことが理解できました。...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

こちらの記事もご覧ください

【特集】連続生産実現への道筋 記事一覧

TOP