製剤技術とGMPの最先端技術情報

連続生産への取り組みの現状
ソフトセンサー研究を通したプロセス監視と制御へ

 2017年12月1日に連続生産をテーマに行われたISPE日本本部冬季大会は、会場が満席となる盛況ぶりであった。 東京大学大学院工学系研究科の船津公人氏は「連続生産プロセスのためのPATの開発」と題し...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【特集】連続生産実現への道筋 記事一覧

TOP