製剤技術とGMPの最先端技術情報

  • PTJ ONLINE トップ
  • 取材・インタビュー
  • 細胞製造性を加味したヒト細胞加工製品の安定製造に向けた新たな取り組み/大阪大学 大学院 工学研究科 生物工学専攻 教授 紀ノ岡 正博氏

インターフェックス Week 2020 セミナー演者に聞く!
細胞製造性を加味したヒト細胞加工製品の安定製造に向けた新たな取り組み
大阪大学 大学院 工学研究科 生物工学専攻 教授
紀ノ岡 正博 氏

Q.再生医療において細胞製造の課題としてはどのようなものがあるのでしょうか。 細胞の気持ちを理解してプロセスを構築することが肝要で、いわゆる細胞製造性の観点が必要不可欠となります。例えば、培養工程中の...続きは会員登録(無料)いただくとご覧いただけます。

会員登録(無料)により、雑誌記事を除くすべての記事閲覧と機能活用ができます。
PHARM TECH JAPAN ONLINEの活用ガイドはこちら

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【特集】インターフェックス Week 2020 記事一覧

TOP