製剤技術とGMPの最先端技術情報

第4回レギュラトリーサイエンス公開シンポジウム
AMED末松理事長、新薬開発スピード向上の必要性を指摘
世界から日本に注がれている視線とは?

 2019年2月4日、都内のよみうり大手町ホールで第4回レギュラトリーサイエンス公開シンポジウムが開かれ、「日本発の革新的医薬品の創出~求められるレギュラトリーサイエンスとは~」をテーマに、さまざまな...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【特集】これからのレギュラトリーサイエンスを考える 記事一覧

TOP