製剤技術とGMPの最先端技術情報

レギュラトリーサイエンスの重要性
​再生医療等製品の開発において
“どの時点で、何を、どのような手段で” 評価すべきか?
― 再生医療学会総会で国立衛研の佐藤陽治氏が講演

 2018年3月22日、パシフィコ横浜で行われた第17回日本再生医療学会総会で「NIHS企画:再生医療分野における品質・安全性評価法の最前線」と題するシンポジウムが開かれた。 本シンポジウムは、再生医...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【特集】これからのレギュラトリーサイエンスを考える 記事一覧

TOP