製剤技術とGMPの最先端技術情報

統計的思考への入口⑭
仮説思考で早期に品質問題を解決 (1/2)
著者:脇坂盛雄(株式会社ミノファーゲン製薬 顧問)

●仮説を立てて、検証する 品質問題の原因調査を行っても、なかなか原因がわからずにとどまってしまうことが多々あります。統計的・確率的な思考とは、問題解決に早く辿り着くためのものです。そのための参考書を1...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【連載】統計的思考への入口 記事一覧

TOP