製剤技術とGMPの最先端技術情報

統計的思考への入口⑫
溶出試験の製品回収リスク削減には確率の考えが必須
著者:脇坂盛雄(株式会社ミノファーゲン製薬 顧問)

●不適になる確率は 日局には溶出試験の判定方法が2つあります。12個中、10個までが判定値内であればよいとするのと、Q値を用いる方法です。Q値は新しく設定された判定方法でバラツキに対して緩く、平均値を...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【連載】統計的思考への入口 記事一覧

TOP