Veeva Japan株式会社

前年比33%の増収】Veeva、2021年度第4四半期および通年の業績を発表

登録日:2021/03/12

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(以下 Veeva)は、2021年1月31日を末日とする第4四半期および通年の業績を発表しました。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。)


【掲題リリース概要】

◉ 2021年通年の総売上高は14億6,510万ドル、前年比33%の増収。
第4四半期の総売上高は3億9,680万ドル、前年比27%の増収。
2021年通年のサブスクリプション契約による売上高は11億7,950万ドル、前年比32%の増収。
第4四半期のサブスクリプション契約による売上高は3億2,280万ドル、前年比27%の増収。
◉ Peter Gassner CEOコメント:当年度はライフサイエンス業界にとって、そしてVeevaにとって、大きな転機となる年でした。当業界は、世界的なパンデミックを経験し、診断、治療、およびワクチンの領域で飛躍的な進歩をもたらしました。私は、Veevaチームの実行力とコミットメントを誇りに思っています。当社は、お客様が世界中の医師や患者の皆様をより迅速にサポートいただけるよう、これまで以上に急速な革新を遂げることができました。
◉ Brent Bowman最高財務責任者(CFO)コメント(抜粋): 当社の第4四半期および通年度における過去最高の業績は、当社がこれまで業界に貢献し続けてきた継続力と、カスタマー・サクセスに対する深いコミットメントを反映したものです。
◉ 最近のハイライト
 ♦︎ 顧客総数は、前年度の861社から993社に増加。Commercial Cloudの顧客総数は前年度の390社から432社に増加、Vaultの顧客総数は前年度の715社から852社に増加。
 ♦︎ Veeva Commercial CloudとVeeva Development Cloudが四半期および通年ともに過去最高の受注数を更新。
 ♦︎ 圧倒的多数の投票により、Veevaは過去最大規模、かつ株式公開企業として初のパブリック・ベネフィット・コーポレーション(PBC)となりました。PBCとして、現在のVeevaの法人設立認可証には、顧客、従業員および株主を含む、全てのステークホルダーに対するコミットメントが反映されています。


本プレスリリース詳細は、下記「リリース元を見る」よりご覧ください。

企業情報

Veeva Japan株式会社

  • 住所東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー 5階
  • TEL03-6721-9800 / FAX 03-3449-7800
  • URLhttps://www.veeva.com/jp/

詳しく見る

このリリースに関連する商材情報

TOP