製剤技術とGMPの最先端技術情報

医薬品の結晶多形評価 (非破壊分析)

2019/10/04

X線解折 (XRD) を用いて非破壊で結晶構造を高精度に測定します

画像をクリックして拡大イメージを表示

さまざまな分析手法により医薬品の結晶多形の評価が可能です。関連資料の事例のように、X線解折 (XRD) を用いて非破壊で医薬品原薬の結晶形を評価したり、温湿度による経時的な結晶形の変化の観察を行うことも可能です。また、XRDでは感度的に難しい、製剤中の原薬の結晶形の混在率の評価も可能です。結晶多形の探索や物性評価につきましてもぜひご相談ください。

関連資料

この製品へのお問い合わせ

医薬品の結晶多形評価 (非破壊分析)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

ユーロフィン分析科学研究所株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP