製剤技術とGMPの最先端技術情報

ユーロフィン分析科学研究所株式会社

住所 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRPガスビル6F
TEL 075-311-2598 FAX 075-311-2631
URL https://www.eurofins.co.jp/eurofins-biopharma-product-testing-kyoto/
設立 1996年 資本金 3億円 従業員数 140名
事業内容  ユーロフィン分析科学研究所は、製品開発初期から商用品までの幅広いステージにおける分析において、お客様のご要望に迅速にお応えし、高品質なデータを提供します。
 非破壊分析・イメージング分析技術を駆使した製剤開発支援・製造中の異物分析、ICP-MSを中心とした金属分析(ICH-Q3D対応)、GMP対応の機器分析(NMR・XRD・qNMRなど)、開発初期品の試験法開発などの実績多数。


【サービス】
■バイオ医薬品分析 ■力価試験・バイオアッセイ ■特殊分析 ■安定性試験 ■微生物試験 ■化成品分析  ほか
事業拠点 京都(欧米・アジアなどグローバルにグループ拠点あり)
企業PR ユーロフィン分析科学研究所は、製品開発初期から商用品までのあらゆる試験ニーズに対応し、グローバルネットワークを活用したCMCソリューションを提供します。

 ユーロフィン分析科学研究所は、藤沢薬品のグループ会社として1996年に発足し、医薬品の分析業務を開始しました。その後、アステラス製薬のグループ会社を経て、2018年11月よりユーロフィングループの一員となり、現在、ユーロフィンの日本における医薬分析の拠点として、業務を展開しています。私たちは医薬品の研究開発から生産までのステージにおいてお客様の要望に沿ったソリューションを提供します。

 弊社は、3極のGMP規制要件に適合する品質システムの下で実施する医薬品分析業務において20年以上の実績を誇り、この間、低分子医薬品ならびにバイオ医薬品における試験法開発やバリデーションをはじめ、各種品質試験、安定性試験のサービスを提供して参りました。

 特に、試験法開発に関しては、金属分析と微生物試験において多くの経験を有しています。特殊分析においては非破壊分析、表面分析の特殊技術を用いた製剤開発支援や異物分析を中心としたサービスを提供しています。原料や製品に異物が発見された場合、一刻も早い異物の特定が求められます。私たちは迅速な分析結果を提供するだけでなく、異物の混入経路を推定することでお客様の要望に応えることができます。

 また、微小異物の分析においては、数多くの実績を有しています。原薬や中間体、類縁物質の標準品は医薬品分析には必須な物質です。私たちはお客様からの信頼の下、標準品の保管、品質試験、生産工場などへの発送を総合的に管理するサービスを提供いたします。
 

ユーロフィン分析科学研究所株式会社に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
TOP