医薬品中の微量不純物の有機構造解析

【カネカGrの受託分析サービス】医薬品中の微量不純物の有機構造解析

2021/06/22

画像をクリックして拡大イメージを表示

ICH Q3A, Bでは医薬品(原薬及び製剤)に含まれる
一定量以上の有機不純物について構造決定が求められています。

不純物の構造決定には、
対象成分の単離精製やMS及びNMRのスペクトル解析が必要となります。

ここでは、市販製剤に有効成分の0.1%に相当する不純物を添加した模擬試料を用いて、
微量不純物の単離、構造解析を行った事例をご紹介いたします。

市販製剤は原薬に様々な賦形剤が加えられた混合物となっています。
製剤中に含まれる0.1%程度の不純物であれば、
分取LC装置により単離し、
LC-TOF MS測定およびクライオプローブ付700MHzNMRの測定を行い、
それらのスペクトルを解析することで構造決定が可能です。

関連リンク

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

医薬品中の微量不純物の有機構造解析に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社カネカテクノリサーチ

  • 住所大阪府大阪市中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー35階
  • TEL06-6226-4310 / FAX 06-6226-5517
  • URLhttps://www.ktr.co.jp/

詳しく見る

TOP