培地成分の定性分析(LC-TOFMS)

【カネカグループの受託分析サービス】培地成分の定性分析(LC-TOFMS)

2022/06/27

画像をクリックして拡大イメージを表示

培養細胞による多くの研究において培養培地や培養上清に含まれる成分の定性や定量は、
近年注目され活用の場が増えてきています。
培地に含まれる成分を知ることは、細胞培養の効率向上のための有用な情報となります。
ここでは、
市販培地を例に液体クロマトグラフィー‐飛行時間型質量分析計(LC-TOFMS)
を用いたライブラリー検索による培地成分のノンターゲット分析と、
その結果を解析した試料間比較や主成分分析をご紹介します。

■分析試料:市販培地A、市販培地B、市販培地C(市販品)

■分析装置:SCIEX TripleTOF® 6600 システム(LC-TOFMS)

培地成分のノンターゲット分析による定性分析と、
その結果を用いた試料間比較、主成分分析により培地の特性や
培養の成果に寄与の高い成分を見つけることが可能です。
これらの情報は、細胞培養の成果向上のために有用な情報となることが期待されます。

*分析結果の詳細はPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

関連リンク

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

培地成分の定性分析(LC-TOFMS)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社カネカテクノリサーチ

  • 住所大阪府大阪市中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー35階
  • TEL06-6226-4310 / FAX 06-6226-5517
  • URLhttps://www.ktr.co.jp/

詳しく見る

TOP