製剤技術とGMPの最先端技術情報

  • PTJ ONLINE トップ
  • トピックス
  • ラニチジンからのNDMA検出問題で厚労省が「理論上の発がんリスク」評価結果を公表 「ICH M7に照らして許容される程度」

ラニチジンからのNDMA検出問題で厚労省が「理論上の発がんリスク」評価結果を公表 「ICH M7に照らして許容される程度」(1/2)

 2020年9月1日付で厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課および医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課から、事務連絡「N-ニトロソジメチルアミンが検出されたラニチジン塩酸塩製剤又はニザチジン製剤の...続きは会員登録(無料)いただくとご覧いただけます。

会員登録(無料)により、雑誌記事を除くすべての記事閲覧と機能活用ができます。
PHARM TECH JAPAN ONLINEの活用ガイドはこちら

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP