製剤技術とGMPの最先端技術情報

分析法バリデーションの改定/新ガイドライン、ICH Q2(R2)/Q14のキーメッセージと想定される構成(1/2)

 2019年8月2日、都内の慶応大学芝共立キャンパスマルチメディア講堂で行われた製剤機械技術学会第28回講演会で、国立医薬品食品衛生研究所の柴田寛子氏が「ICH Q2(R2)/Q14の現状と展望」をテ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP