製剤技術とGMPの最先端技術情報

【座談会】データインテグリティ問題の本質と今後の展望を探る②
企業によって異なるDIへの取り組み体制
参加者:川北弘之氏(医薬品医療機器総合機構)、合津文雄氏(武田テバファーマ)、
佐々木聡氏(MSD)、蛭田修氏(Meiji Seika ファルマ)、的場文平氏(富田製薬)
司会:荻原健一氏(シー・キャスト)

※参加者の所属は2018年3月時点

 前回に引き続き、2018年3月発行のPHARM TECH JAPAN臨時増刊号『実践!データインテグリティ対応』に掲載した座談会の模様を一部抜粋してご紹介いたします。【荻原】ではさっそく本題に入りま...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る
関連キーワード

こちらの記事もご覧ください

【座談会】データインテグリティ問題の本質と今後の展望を探る 記事一覧