製剤技術とGMPの最先端技術情報

医薬品の安定性試験・GMP準拠の検体保管サービス

申請用の安定性試験対応、24 時間モニタリング、非常用電源も完備

2020/09/08

画像をクリックして拡大イメージを表示

各種保存条件での安定性試験が可能です。申請用の安定性試験では、申請資料の添付に適した報告書を作成します。
温湿度マッピング済み、24 時間モニタリング、非常用電源完備です。

安定性試験の保存条件

以下の条件の他、お客様のご要望に応じた設定も可能です(別途バリデーション要)。

・恒温(恒湿)室(ウォークインタイプ)
5℃、25℃/60%RH、30℃/65%RH、30℃/75%RH、40℃/75%RH

・恒温恒湿庫(チャンバータイプ)
25℃/40%RH、25℃/60%RH、25℃/75%RH、30℃/84%RH、30℃/92%RH、40℃/20%RH、40℃/75%RH

・恒温庫
15℃、30℃、40℃、50℃、60℃、80℃

・フリーザー
-20℃、-30℃、-70℃、-80℃

・光安定性装置
1000 lx (D65ランプ)、30000 lx (Xeランプ)

・その他
サーマルサイクル試験(輸送時安定性担保)

医薬品の安定性試験をお考えであれば、ぜひ当社をご活用ください。さらに詳しい情報は、「安定性試験について詳しくみる」をご覧ください。

ご質問やご相談は、お気軽に「公式ホームページのお問い合わせフォーム」又は「この製品へのお問い合わせ」より、お問い合わせください。

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

医薬品の安定性試験・GMP準拠の検体保管サービスに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ユーロフィン分析科学研究所株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP