製剤技術とGMPの最先端技術情報

サニタリーロータリーバルブ

定量供給を目的としたロータリー型サニタリーバルブ

2018/04/17

画像をクリックして拡大イメージを表示

定量供給を目的としたサニタリーバルブです。
用途に応じて「ライト」「ヘビ―」の2種類があり、製薬・食品業界の打錠機・充填機・粉砕機・計量ステーションなどで求められる定量供給を行う事ができます。

【特長】
■計量かを実現
 面間を薄くすることで、軽量化に成功。 
■洗浄が容易
 分解組み立てが容易な構造で、クリーニングが容易です。
■モジュール方式:
 弁体を交換するとバタフライバルブ・タブレットバルブ各種へ変更できます。
■自動タイプ
 用途に応じて「ライト」「ヘビー」の2種類をご用意
 80A/100A/150A/200A/250A/300A
■標準仕様(仕上げ)
 ・接粉部:バフ400(Ra<0.1μ)
 ・外面:バフ200(Ra<0.6μ)
■オプション仕様
 電解研磨仕上げ
 日本規格 ヘルールパッキング シリコン
 日本規格 閉止ヘルール SUS304 SUS316
 日本規格 クランプ 低圧用 高圧用

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

サニタリーロータリーバルブに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

株式会社キット

詳しく見る

業界トピック

TOP