製剤技術とGMPの最先端技術情報

サニタリータブレットバルブ(錠剤用バルブ)

シリコン製の弁体で錠剤やタブレットを傷つけないバルブ

2019/11/05

画像をクリックして拡大イメージを表示

『サニタリータブレットバルブ』は、排出中の錠剤やタブレットを
傷つけることなく閉止するために、弁体を弾力のあるシリコン製にした
サニタリーバルブです。

【特長】
■軽い:面間を薄くすることで、軽量化を実現しました。
■洗いやすい:分解組み立てが容易な構造で、クリーニングが容易です。
■モジュール方式:
 弁体を交換するとバタフライバルブ・ロータリーバルブ各種へ変更
 できます。
■手動タイプ/自動タイプ(一部)
 80A/100A/150A/200A/250A
■標準仕様(仕上げ)
 ・接粉部:バフ400(Ra<0.1μ)
 ・外面:バフ200(Ra<0.6μ)
■オプション仕様(仕上げ):電解研磨
■オプション仕様(部品)
 ・日本規格 ヘルールパッキング シリコン
 ・日本規格 閉止ヘルール SUS304 SUS316
 ・日本規格 クランプ 低圧用 高圧用

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

サニタリータブレットバルブ(錠剤用バルブ)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

株式会社キット

詳しく見る

業界トピック

TOP