製剤技術とGMPの最先端技術情報

【アジレント】ペプチド分析で高性能を発揮するC18帯電表面カラム

アジレントのペプチド分析カラムが新しくなりました。

2021/01/04

画像をクリックして拡大イメージを表示

アジレントのAdvanceBio ペプチドプラスカラムは、
ターゲットペプチドと不純物、翻訳後修飾の分離用に最適化された、逆相表面多孔質粒子 LC カラムです。
ハイブリッドエンドキャップ処理された C18 固定相でポアサイズ 100 Å の 2.7 μm 粒子を修飾することにより、帯電表面を形成しています。
AdvanceBio ペプチドプラスカラムを用いることで、複数の重要品質特性を LC/MS で確実に同定できます。
スピードと感度、そして効率に優れており、ターゲットタンパク質とペプチドをすばやく確認して同定することが可能になります。

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

【アジレント】ペプチド分析で高性能を発揮するC18帯電表面カラムに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

アジレント・テクノロジー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP