製剤技術とGMPの最先端技術情報

Agilent InfinityLabセーフティキャップ

ラボ内の溶媒の蒸気と漏れからケミストを守ります。

2020/03/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

HPLCの溶媒ボトルや廃液ボトルの口を開放していたり、半分開いているような状態にしておくと、人体に有害な溶媒の蒸発につながる場合があります。
業務のためにラボで毎日長い時間を過ごすケミストにとってこれは重大な問題です。Agilent のInfinityLabセーフティキャップを使えば、溶媒の蒸発と漏れを防止することができます。
このボトルキャップは、通常のボトルキャップに排気バルブを組み込むことにより、密閉状態を最適化できるように設計されているため、溶媒をHPLC システムに適切に流すことができます。
排気バルブには PTFE メンブレンフィルタが使われており、溶媒が塵や粒子によって汚染されることを防いでいます。また、廃液ボトル用にはチャコールフィルタを使用することで、廃液を安全に保管することが可能です。

•ラボ内の溶媒の蒸気と漏れからお客様を守ります。
•従来品より約 30% 低価格になりました。
•HPLC で使用する一般的な溶媒ボトルに適合 (GL45 など)
•6L 廃液ボトルもご用意
•ベントバルブにタイムストリップ(ラベルタイマー)が付きました。

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

Agilent InfinityLabセーフティキャップに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

アジレント・テクノロジー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP