株式会社技術情報協会

【Live配信セミナー 1/12】流動層造粒・スプレードライヤの基礎と運転管理・スケールアップ

2022/11/08

開催日 2023年1月12日(木)
開催地 Web

【Live配信セミナー 1/12】
流動層造粒・スプレードライヤの基礎と
運転管理・スケールアップ


☆造粒の基礎から流動層・スプレードライヤの運転管理のコツが体系的に学べる
☆スケールアップの事例やトラブル対策を多数解説!

----------------------------------------------------------------------------------
■講師 
【第1部】秋山錠剤(株) 品質保証部 製剤開発課 顧問 阪本光男 氏 
【第2部】大川原化工機(株) 開発部 部長 根本源太郎 氏 
■聴講料
1名につき55000円(消費税込/資料付き)
1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円(税込)
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test
・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
・セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
  複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

プログラム 
(10:30~14:15)※途中45分の昼食休憩を含む
【第1部】流動層造粒の基礎とスケールアップ・トラブル対策
秋山錠剤(株) 品質保証部 製剤開発課 顧問 阪本光男 氏

【講座内容】
~造粒の概要~
1.造粒の定義と代表的な造粒方法
2.食品の造粒法の比較
3.各種造粒法とその顆粒特性
4.原料物性と造粒法
5.原薬(原料)物性に適した造粒法
6.原薬(原料)物性の改質
7.各造粒法で得られた顆粒の錠剤硬度の比較
8.最適造粒液・固比(粒子・液体・固体の状態)
9.造粒法による結合液量
10.適切な造粒粒度
11.粒子径と流動性
~流動層造粒の基礎~
12.粉粒体の流動化
13.各種粉粒体の流動化特性
14.流動層造粒のメカニズムと流動層造粒のポイント
15.流動層造粒の操作におけるチェックポイント
16.流動層造粒の顆粒特性に与える要因
17.流動層造粒に関する事例(流動層造粒に影響する諸要因)
18.流動層造粒で造粒顆粒の粒度分布がブロードになる原因
19.流動層造粒での留意点(親水性、疎水性、付着性、粘着性および油性成分の造粒)
20.流動層造粒で見掛け比容積を小さくする。また、微粉を少なくする造粒操作。
21.サプリメントの流動層造粒事例と粉末食品の流動層造粒プロセス自5000動化事例
22.攪拌転動流動造粒(複合型造粒装置)
23.パルス流動造粒乾燥装置のスケールアップを含めた事例
~流動層造粒のスケールアップ・トラブル対策~
24.流動層造粒のスケールアップ事例(噴霧液速度を一定)
25.流動層造粒のスケールアップ(流動床面積と仕込み量)
26.流動層造粒のスケールアップ事例(結合液の液滴を制御)
27.流動層造粒のスケールアップ事例と顆粒および錠剤物性
28.流動層造粒のスケールアップにおける問題点と対策(造粒物の粒子径が大きくなる)
29.流動層造粒のスケールアップにおける問題点と対策(局所での濡れ)
30.流動層造粒のスケールアップにおける問題点と対策(含量均一性)
31.流動層造粒のスケールアップにおける問題点と対策(見掛け密度の重質化)
【質疑応答】
---------------------------------------------------------------
(14:30~16:30)
【第2部】流動造粒スプレードライヤの構成、運転と適用例
大川原化工機(株) 開発部 部長 根本源太郎 氏

【講座内容】
1.流動造粒スプレードライヤの基本構造
 1.1 流動造粒スプレードライヤとは
 1.2 流動造粒スプレードライヤの特徴
 1.3 流動造粒スプレードライヤ製品について
2.流動造粒スプレードライヤの機器構成について
 2.1 流動造粒スプレードライヤ本体について
 2.2 微粒化装置
 2.3 その他の機器
3.流動造粒スプレードライヤの運転操作と造粒形態
 3.1 造粒の形態
 3.2 製品水分について
4.流動造粒スプレードライヤの適用例
【質疑応答】

企業情報

株式会社技術情報協会

詳しく見る

TOP