製剤技術とGMPの最先端技術情報

大澤豊氏 略歴・講演趣旨

【略歴】
1984年 協和発酵工業株式会社入社 医薬研究所において抗がん剤の開発を担当
2003年 KYOWA PHARMACEUTICAL, INC.(米国) Vice President:自社新薬の欧米開発
2008年 協和発酵キリン株式会社(キリンファーマ株式会社との統合会社)CMC開発部長
2014年 執行役員生産本部長:工場、委託先および生産関連研究部門を統括
2017年 常務執行役員生産本部長
2018年より現職(取締役常務執行役員生産本部長)

【講演趣旨】
 バイオ医薬品あるいは抗体医薬品はその高い有効性から、近年急速にその売り上げが増大している。一方、その構造の複雑さから製造は容易ではなく、高品質な製品を安定的かつ効率的に生産するプロセスの開発が大きな課題である。本講演では、特に抗体医薬品の製造プロセスや生産設備における課題とその解決策としての連続生産やシングルユースシステムについて紹介する。また、開発のスピードアップに対応するためのプロセス開発の効率性向上に向けた取り組みについても紹介する。

TOP