製剤技術とGMPの最先端技術情報

インターフェックス 大阪2019 セミナー演者に聞く!
シオノギの挑戦 ~ペプチド原薬製造の拘り~
塩野義製薬株式会社 CMC研究本部 製薬研究センター
プロセス技術部門 グループ長

村田 好徳 氏

Q.近年、中分子量の医薬品への期待が高まっていると聞きますが、製造のニーズに、特徴やトレンドはあるでしょうか? 通常、ペプチド原薬製造は、合成、精製、凍結乾燥の工程から成り立っています。合成に関して、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【特集】インターフェックス大阪2019 記事一覧

TOP