製剤技術とGMPの最先端技術情報

10月9日(火)、17日(水)
AMED「再生医療実用化研究事業」産学連携課題の公募に関する説明会

主催者より

 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)では、平成31年度「再生医療実用化研究事業」の研究開発課題として、以下の課題に係る公募を行う予定です。

多能性幹細胞(iPS/ES細胞)、体性幹細胞等を用いて、産学が連携して再生医療等製品の開発を目指す研究

 本課題では、バイオ医薬品又は再生医療等製品の開発経験がある企業担当者を「事業化提案者」として位置づけ、事業化提案者が開発の方向付け、実用化計画の策定を行うことにより、アカデミア発のシーズから速やかに再生医療等製品の開発につなげる研究を推進することを目的とします。なお、疾患領域や細胞種について特定するものではなく、広く再生医療等製品(細胞を用いたものに限る)の実用化を目指した課題について公募します。

 応募に際しては、研究開発代表者・分担者及び事業化提案者が協力して研究開発提案書を作成することを想定しています。

 公募開始に先立ち、今後、事業化提案者候補とのマッチングの機会を必要とする研究者を本HPで募集(募集開始予定:平成30年10月初旬)し、AMED事務局でマッチングのお手伝いをさせていただく予定です。

 応募までの流れは、以下を想定しています。
① マッチングの機会を必要とする研究者が研究概要(ワード様式)とメールアドレス等(エクセル様式)を登録する。(平成30年10月中)
② 研究概要(ワード様式)を企業に開示する。
③ 研究概要(ワード様式)を元に、企業側が事業化提案者候補をエントリーする。
④ 研究者と事業化提案者候補が話し合う日の日程調整をAMEDが行う。(平成30年12月~平成31年1月で複数回の日程を用意)
⑤ AMED会議室において、研究者と事業化提案者候補が話し合う。
 

開催概要

 下のアカデミア対象の説明会において、公募の内容及び応募までの流れについて、詳しく説明する予定。参加申し込みサイトは大阪会場東京会場で異なる

◆大阪会場
日時:平成30年10月9日(火)14:00(受付 13:30)から
会場:ナレッジキャピタル カンファレンスルーム タワーB B01
  (大阪府大阪市北区大深町 3-1 グランフロント大阪内)
   大阪会場アクセス

◆東京会場
日時:平成30年10月17日(水)11:00(受付10:30)から

会場:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 20階 201会議室
  (東京都千代田区大手町 1-7-1 読売新聞ビル)
※入館手続きが必要なため、東京会場説明会への参加には事前の参加登録が必要。参加を希望者は、以下の参加申込みフォームから申込み。
   参加お申し込みサイト(東京会場) 別ウィンドウで開きます10月3日〆切
   東京会場アクセス

詳細はこちら(https://www.amed.go.jp/koubo/01/02/0102A_00033.html)より

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP