製剤技術とGMPの最先端技術情報

【座談会】単位操作別 製剤のポイント③
混合――プロトコールの意味を理解できているか
 司会:竹内洋文氏(岐阜薬科大学)
 出席者:北村雅弘氏(沢井製薬)、田原耕平氏(岐阜薬科大学)、保地毅彦氏(アステラス製薬)

 本誌連載「単位操作から見た固形製剤」の開始にあたり開催した座談会をお届けします。混合をテーマに「混ざるとはどういうことか」、「各原料の物性」を理解する必要があるようです。竹内 つぎは混合です。大学で...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る
関連キーワード

こちらの記事もご覧ください

【座談会】単位操作別 製剤のポイント 記事一覧