製剤技術とGMPの最先端技術情報

【連載】 現場の見えないを診る

 医薬品の製造管理・品質管理には、いかに製造状態を把握し、さらには効率を上げ、いかに同時に品質も担保するか。こうしたさまざまな課題に対し、さまざまなセンサ・ネットワークが活用され管理されているが、これからはさらに年間1兆個のセンサ「Trillion Sensors(トリリオンセンナ)」を使用する社会になるとされている。これは現在のセンサ需要の100倍、世界70億人が年間約150個ずつ使う世界である。センサ、ネットワーク、解析、セキュリティ、サービス分野を中心に発展を続けているさまざまな分野の新しい知見・技術情報を提供する。読者の方々の現場におけるセンサ改善・新規システム構築の際のヒントとなれば幸いである。

※本連載は、ファームテクジャパン2016年3月号~8月号で連載された【現場の見えないを診る -製造インフラ診断技術-】
 
の第1回を再編集したものです。