シンテゴンテクノロジー株式会社

【出展レポート】CPHI JAPAN 2023 流動層造粒の課題解決にむけた独自技術を日本初公開

登録日:2023/05/10

更新日:2023/07/21

理想的なスケールアップを実現する設計コンセプトを紹介

医薬品・食品向け包装機械のグローバルメーカーであるシンテゴンテクノロジー(本社:ドイツ、旧社名 ボッシュパッケージングテクノロジー。以下、シンテゴン)は、2023年4月19~21日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「CPHI Japan 2023」に初出展しました。医薬品の研究・開発・製造の関係者が国内外から結集する同展示会において、欧米・アジア各国で事業拡大している当社の造粒装置ブランドHüttlin(ヒュットリン)のプレゼンス向上を図ります。優位性の高い流動層ソリューション紹介をコンセプトとし、当社ブース(G6-18)では治験・ラボ用に流動層造粒装置「Solidlab2+(ソリッドラブ2プラス)」を展示。出展社プレゼンテーションでは、均質な造粒や理想的なスケールアップを実現する技術コンセプトについて詳説しました。

 

企業情報

シンテゴンテクノロジー株式会社

  • 住所東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル 5階
  • TEL03-5466-2550 / FAX 03-5466-2551
  • URLhttps://www.syntegon.jp/

詳しく見る

このリリースに関連する商材情報

TOP