製剤技術とGMPの最先端技術情報

全自動溶出試験機RT-3

最大10回の溶出試験を自動で繰り返し行います。試験の効率化や高活性製剤の暴露軽減に有効です。

2018/03/29

画像をクリックして拡大イメージを表示

試験液の脱気・注入、試験液温度測定、検体投入、サンプリング、試験液排水、ベッセル洗浄を自動で行います。サンプリングした液はディスクフィルターによるろ過、希釈、内標添加、HPLC(UV)分析を行うことができます。4液交換機能(オプション)により4種類の試験液で試験が可能であり同等性試験にも対応しています。2液交換機能(オプション)により腸溶性製剤の試験にも対応しています。メカニカルキャリブレーション、Part11(オプション)にも対応しています。その他にも豊富なオプションをご用意しております。
・溶出槽:6槽、3槽で使用可
・検体投入:最大6×10検体を自動投入
・試験液注入:自動(脱気機能有り)
・サンプリング:自動(最大60回)
・ベッセル洗浄:自動
・データ処理:自動(UV・HPLC)
・記録:試験液温度、パドル回転数
・サンプリング液量精度:±1%以内、CV0.5%以内
・補充液量精度:±1%以内、CV0.5%以内

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

全自動溶出試験機RT-3に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

株式会社大日本精機

詳しく見る

業界トピック

TOP