製剤技術とGMPの最先端技術情報

フロースルーセル法溶出試験器DF-7

様々な剤形やテーマに対応することが可能です。

2018/03/29

画像をクリックして拡大イメージを表示

最適なシンク条件での試験が可能で、難溶性製剤や微量薬剤の溶出試験に効果的です。
また、脈動、無脈動可変送液用ポンプ、試験液切換えや流量可変機能を組み合わせることで、In Vivo/In Vitro相関(IVIVC)に適した試験条件の検討が可能です。
・試験セル数は最大7セル
・送液速度は2~32mL/min
・採取容器は15mL試験管、1.5mLサンプル瓶に対応
・オープン法とクローズド法に対応
・UVオンライン分析とフラクションに対応
・メンブレンフィルターとチューブ形フィルタを使用可能
・シリンジポンプを使用して高精度な送液を実現

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

フロースルーセル法溶出試験器DF-7に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社大日本精機

詳しく見る

業界トピック

TOP