製剤技術とGMPの最先端技術情報

連続式高濃縮装置 リカバリー

高粘度、高真空に“ラクラク”対応!焼け焦げ付きを防止しつつ、高濃縮が可能です。

2020/04/16

画像をクリックして拡大イメージを表示

リカバリーに供給された液は、特殊な回転羽根により掻き上げられて、均一な薄膜を形成して蒸発します。薄膜の形成による蒸発の効率化により、1パスでの濃縮が可能です。
回転が遅いため、少ない動力で運転する事ができ、消費動力も少なくてすみます。
凝縮液と濃縮液の分離、原料供給時の飛沫同伴、蒸気のショートパス等に関する対策を
十分に施しておりますので、高真空での高濃縮操作に適しています。
羽根の形状、加熱面との接触・非接触等は液に合わせて選択することができます。

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

連続式高濃縮装置 リカバリーに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

関西化学機械製作株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP