製剤技術とGMPの最先端技術情報

超高真空精留システム

高沸点且つ熱に敏感な物質の精留を可能にする超高真空精留システムで新たな可能性に挑戦します

2018/03/22

画像をクリックして拡大イメージを表示


これまで不可能と考えられていた高真空下での精留システムを、日本水産株式会社殿と共同で開発することに成功しました。
食品や医薬品など、熱に敏感な物質の精留を通常の精留塔で行おうとすると、分離に要する段数により塔底圧力が決まってしまうため、塔底温度を目標以下に下げて運転できないことがありました。
本システムでは、許容圧力損失の観点から各塔の充填高さを制限し、塔の本数を増やすことで所定の段数を確保する設計手法を採用しています。その結果、精留塔の塔底温度を低く抑えることが可能となり、熱に敏感な物質をより低温で精留することができるようになりました。
段数を増やす場合は、精留塔の本数を増やす必要があります。
ガス(ベーパー)を凝縮液の形で移送するという発想の転換が最大のポイントです。

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

超高真空精留システムに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

関西化学機械製作株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP