製剤技術とGMPの最先端技術情報

分光蛍光光度計 「F-7100」

クラス最高レベルの高感度とロングライフ光源を搭載

2018/04/04

画像をクリックして拡大イメージを表示

ロングセラーモデルF-7000形の高信頼性光学系を踏襲、基本性能を向上させたF-7100形が新たに誕生しました。
クラス最高レベルの高感度(S/N 1,200以上:RMS)検出系とロングライフ光源(光源寿命2,500時間)を搭載しました。
蛍光指紋での食品分析、有機ELや液晶などの工業材料分野、水質分析等の環境分野、蛍光試薬の構成や開発などの製薬分野、細胞内カルシウム濃度測定などのバイオ分野など、さまざまな分野において活用できる分光蛍光光度計です。

【特 長】
■クラス最高レベルの高感度 S/N 1,200以上(RMS)(S/N 360以上 Peak to Peak)
従来比1.5倍の高感度化に伴い、微弱な信号も低ノイズで検出できます。F-7000シリーズで好評である高速スキャンにおいても効果を発揮します。

■クラス最高レベルのロングライフ光源 光源寿命2,500時間*1(従来比5倍*2)
新規Xeランプの採用およびランプ点灯電源の改良により、光源の高輝度化かつ長寿命化の両立に成功しました。
ランプ交換周期が長くなることで、消耗品コストの低減、ランプ交換・調整作業の負担軽減が図られます。

*1:専用Xeランプの使用限界時間(保証期間は、6カ月または500時間となります)
*2:F-7000形分光蛍光光度計の標準Xeランプ(PN:650-1500)の使用限界時間(交換推奨時間)との比較

■多波長の経時変化を追従することができる3次元時間変化測定モード
■未知試料の分析に重要な6桁のダイナミックレンジを稼ぐホトマル電圧連続可変
■オプションソフトウェアとして、レポートジェネレータを準備、データ処理後に自由なフォーマットでカスタマイズ可能
■工業材料分野、環境分野、製薬分野、バイオ分野など極めて広い分野において、新しい蛍光分析の可能性が拡大

この製品へのお問い合わせ

分光蛍光光度計 「F-7100」に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

株式会社日立ハイテクノロジーズ

詳しく見る

業界トピック

TOP