マイクロバイオリアクターシステム アンバー15細胞培養装置 Generation2

セルラインの開発とプロセス最適化向けバイオリアクターシステムの進化形

2021/07/21

画像をクリックして拡大イメージを表示

アンバー 15 Generation 2は、実験室規模のバイオリアクターの性能を再現する、ハイスループットな「自動 マイクロスケール バイオリアクターシステム」です。
本機のシステムは、シングルユースのベッセル、自動化ワークステーションおよび利便性を高めたソフトウェアにより構成されています。
無菌操作用の標準的なバイオセーフティー・キャビネットに設置できるよう設計されており、24連または48連のマイクロバイオリアクター培養を、並列でモニターおよび制御します。
バイオ医薬品の製法がより複雑になり、培養プロセスの高密度化が進行することによって、世界中の科学者が、新たな要求に適した”クローン・培地・プロセスの開発”という、これまでになく大きな課題に直面しています。
アンバー 15 Generation 2システムは、培養の成否を左右する機器性能の強化、フレキシビリティの向上を実現し、ユーザーの声を反映した新機能を搭載。上記の課題解決に役立ち、科学者による研究の加速を支援します。

● 新機能により、以下のようなアプリケーションの性能が向上
- クローン選定
- 培地およびフィードの最適化
- 培養プロセスの高密度化
- 細胞治療分野アプリケーションでの培地交換、継代
● 新しい可変デッキによりオペレーターの拘束時間が短縮され、オペレーターの作業効率の向上
● 新しいアンバー クローンセレクション ソフトウェアは、ベストクローン決定の作業が容易に
● 新しいGeneration 2のリキッドハンドラーは、より速く精度の高い操作が可能。多元的な実験計画法(DoE)の液の混合や添加の複雑な作業が可能
● アンバー 15は業界標準のマイクロバイオリアクターシステムで、世界中の研究施設で使用されている
● 代謝物分析装置の併設により、クオリティ・バイ・デザイン(QbD)に則した開発アプローチを実現
● アンバー 15は、施設スペース、資金、労働力などに加え、培地および消耗品の量を大幅に節減するため、実験あたりの費用を削減
● アンバー 15は現場におけるより優れたクローンの選定、より多くの培地の選別、より速いプロセスの最適化に貢献

関連リンク

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

マイクロバイオリアクターシステム アンバー15細胞培養装置 Generation2に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ザルトリウス・グループ

  • 住所東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル4階
  • TEL03-6478-5200(ザルトリウス・ジャパン): 03-6478-5201(ザルトリウス・ステディム・ジャパン) / FAX 03-6478-5495
  • URLhttp://www.sartorius.com

詳しく見る

TOP