製剤技術とGMPの最先端技術情報

製品回収
岩城製薬、ラノコナゾール外用液を自主回収 純度試験が承認規格から逸脱の恐れ

 岩城製薬は2020年9月17日、ラノコナゾール外用液1%「イワキ」の一部ロットの自主回収を開始した。安定性モニタリング(25℃、60%RH)において、純度試験が承認規格から逸脱する恐れがあることが判...続きは会員登録(無料)いただくとご覧いただけます。

会員登録(無料)により、雑誌記事を除くすべての記事閲覧と機能活用ができます。
PHARM TECH JAPAN ONLINEの活用ガイドはこちら

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP