製剤技術とGMPの最先端技術情報

  • PTJ ONLINE トップ
  • ARTICLES
  • 有効性の評価―従来の治療法で治らなかったことを証明できるか〔畠賢一郎氏(J-TEC) × 嶽北和宏氏(大阪大学)〕

【対談】再生医療のいまと未来
有効性の評価―従来の治療法で治らなかったことを証明できるか(1/2)
畠賢一郎氏(J-TEC) × 嶽北和宏氏(大阪大学)

 PHARM TECH JAPANで2019年7月号より開始した連載「嶽北先生が訊く 再生医療のいまと未来」の内容をお届けします。今回は2019年4月に実施した、現J-TEC会長、再生医療イノベーショ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

【対談】再生医療のいまと未来 記事一覧

TOP