製剤技術とGMPの最先端技術情報

東北大、疾患の原因となる細胞内有害物質を取り除く創薬手法開発に成功

 2019年10月11日付で、東北大学大学院生命科学研究科の有本博一教授、高橋大輝研究員らは、オートファジーの創薬応用を容易にする新手法AUTAC(オータック)を発明したと発表した。 AUTACは、細...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP