製剤技術とGMPの最先端技術情報

東北大、核酸の高次構造をピンポイントに化学修飾できる新しいアルキル化剤の開発に成功

 東北大学多元物質科学研究所の永次史教授、鬼塚和光准教授らの研究グループは、病気の原因となり得る核酸の特殊構造を選択的に化学修飾する新しいアルキル化剤の開発に成功した。開発されたアルキル化剤は、その反...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP