製剤技術とGMPの最先端技術情報

5月16日(木)、17日(金)
第9回DIA プロジェクトマネジメント・トレーニングコース

開催趣旨
 本トレーニングコースは、医薬品開発全般におけるPM業務の基本的な講座です。極めて不確実性の高い医薬品研究開発を効率的かつ効果的に進めていくために、プロジェクトマネジメント(PM)の概念が製薬企業にも必要であるとの認識は広まってきましたが、その手法や考え方に関しては、各社様々あり、一定のコンセンサスを得る状況にはありません。

 一方で、十分なPMの知識・トレーニングがなされないまま、形だけ既存の組織への適合・適応を行うことで、PM機能が十分発揮できなかった、むしろ非効率となり結果的にPMの導入に失敗したケースも散見されています。更に各社独自の用語の適用や概念のカスタマイゼーションにより、グローバル開発や複数企業による共同研究開発において、様々な混乱やミスコミュニケーションをもたらしている問題点も指摘されています。

 本講座では、DIA米国のPM基本トレーニングプログラム資料を用い、製薬企業における研究開発PMに深い経験と認定資格も持つ日本人講師から、グローバルで基準となるPMの知識・技法の基本を学びます。また、日本発のPM(グローバルならびにローカルプロジェクト)について概括します。

 本講座を受講することにより、1) PMの基礎知識と技術を習得し、プロジェクトを効果的に成功に導くことが出来るようになる、2)「 コミュニケーション」「リスクマネジメント」「プロジェクトチーム運営」について、理論的ならびに実践的な技術を身につけ、効果的なプロジェクトチーム運営が可能になる、ことが期待されます。

 本講座の受講生が、プロジェクトマネジメント知識を通じ、日本のみならず世界の医薬品研究開発の促進、中心リーダーとして活躍していくことを期待しています。

開催概要
 日時:2019年5月16日(木)、17日(金)
 会場:日本橋ライフサイエンスビルディング 201会議室
    (https://www.nihonbashi-lifescience.jp/asset/pdf/NihonbashiLifeScienceBuilding_MAP.pdf
 申し込み・詳細:https://www.diaglobal.org/Tools/Content.aspx?type=eopdf&file=%2fproductfiles%2f7996685%2f19352%2Epdf

プログラム
1日目 2019年5月16日(木)
 9:30-10:00 受付
 10:00-10:45 オープニング
  開校式及び講師、参加者紹介
 10:45-12:00 SESSION 1 プロジェクトマネジメントのフレームワーク
 12:00-13:00 ランチブレイク
 13:00-14:00 SESSION 2 “Initiation” - プロジェクトマネジメント基本プロセス①
 14:00-16:00 SESSION 3 “Planning” - プロジェクトマネジメント基本プロセス②
 16:00-16:15 ショートブレイク
 16:15-17:30 SESSION 4 プロジェクトマネジメントにおけるコミュニケーション
 18:00 情報交換会

2日目 2019年5月17日(金)
 9:30-9:45 1日目の振り返り
 9:45-10:30 SESSION 5 効果的なチーム運営について
 10:30-10:40 ショートブレイク
 10:40-12:10 SESSION 6 プロジェクトリスクマネジメント
 12:10-13:10 ランチブレイク
 13:10-15:10 SESSION 7 “Execution and Control” - プロジェクトマネジメント基本プロセス③&④
        (途中10分間の休憩が入ります)
 15:10-15:50 SESSION 8 “Project Closing” - プロジェクトマネジメント基本プロセス⑤
 15:50-16:50 SESSION 9 質疑応答
 16:50-17:05 SESSION 10 まとめ
 17:05 閉校式
 

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP