製剤技術とGMPの最先端技術情報

5月29日(水)
第5回 DIA医療機器開発シンポジウム
医療機器の市販前・市販後のリバランス(第二弾)
市販後の臨床研究を考えよう ~チャレンジ申請にチャレンジ~

開催概要
 日時:2019年5月29日(水) 9:30~(受付)
 会場:日本橋ライフサイエンスハブ
    東京都中央区日本橋室町1-5-5 室町ちばぎん三井ビル8階
    (http://www.nihonbashi-lifescience.jp/
 参加費、参加申込方法:下記詳細ページをご覧ください
 詳細:https://www.diaglobal.org/productfiles/7953341/19311.pdf
 

プログラム
 10:00~10:10 開会の挨拶
         DIA Japan 植村昭夫
         くすりの適正使用協議会 俵木登美子

 10:10~12:30 午前のセッション
         座長:東北大学 鈴木由香
            くすりの適正使用協議会 俵木登美子
         医療機器行政の最前線
          厚生労働省 中井清人
         臨床研究法の施行1年を振り返って
          厚生労働省 吉田 淳
         チャレンジ申請を始めとした医療保険におけるイノベーションの評価について
          厚生労働省 和泉誠人
         臨床研究とチャレンジ申請の活用について
          厚生労働省 田村 圭

 13:30~15:30 午後のセッション:市販前・市販後のリバランスについて考える
         座長:独立行政法人医薬品医療機器総合機構 石井健介
            東京女子医科大学 村垣善浩
         医療の現場からその1-循環器医師の立場から(RWE構築の重要性と課題)-
          福岡山王病院 横井宏佳
         医療の現場から その2
          東京女子医科大学 村垣善浩
         医療の現場から その3
          国立循環器病研究センター 山本晴子

 15:50~17:40 午後のセッション(続き)
         イノベーション評価:医療機器開発企業の視点
          アボットジャパン株式会社 伊藤 智
         ラウンドテーブルディスカッション
          午後のセッションの講演者および
          厚生労働省 桑原宏哉

 17:40~17:50 閉会の挨拶
         独立行政法人医薬品医療機器総合機構 木下勝美

 17:50~19:20 情報交換会

 ※講演スケジュールは変更される場合がございます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP