製剤技術とGMPの最先端技術情報

  • PTJ ONLINE トップ
  • お知らせ
  • 国立保健医療科学院 保健医療経済評価研究センター国際シンポジウム~医療経済評価における世界の現状と日本のこれから~

2月25日(月)
国立保健医療科学院 保健医療経済評価研究センター国際シンポジウム
~医療経済評価における世界の現状と日本のこれから~

開催概要
 日時:2月25日(月)13:00~17:30(受付開始12:30~)
 会場:THE GRAND HALL品川
    東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3階
    (http://tg-hall.com/access/
 費用:無料
  申し込み・詳細: https://core2health-sympo.jp/

プログラム
13:00~13:15 挨拶
   福嶋靖正(国立保健医療科学院 院長)
   鈴木康裕(厚生労働省 医務技監)

13:15~13:50 セッション1「日本における費用対効果評価の取り組み」
 講演者:古元重和(厚生労働省 大臣官房企画官)
     福田敬(国立保健医療科学院 保健医療経済評価研究センター センター長)
13:50~16:20 セッション2「諸外国における費用対効果評価・医療技術評価」
        ※
途中10分休憩、同時通訳あり
 講演者:Meindert Boysen(Director, Centre for Health Technology Evaluation, NICE, イギリス)
     Jonathan Lind Martinsson
     (Deputy Head of Department, Department of Value Based Pricing, TLV, スウェーデン)
     Karen M. Lee(Director, Health Economics, CADTH, カナダ)
     Kirsten Howard(Chair, Economics Sub Committee, PBAC, オーストラリア)
     Byungsoo Kim(Director, Pharmaceutical Benefit Listing Division, HIRA, 韓国)
     Yot Teerawattananon(Founder, HITAP, タイ)
16:20~16:30 休憩
16:30~17:20 パネルディスカッション「今後の費用対効果評価・医療技術評価の役割」
         ※
同時通訳あり
17:20~17:30 閉会

 ※講演スケジュールは変更される場合がございます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP