製剤技術とGMPの最先端技術情報

5月21日(火)、22日(水)
プレフィルドシリンジセミナー2019
コンビネーション製品は患者に安全・安心、健康を提供することができるのか?

開催趣旨
 医薬品と医療機器の組み合わせにより患者様に提供可能な医療製品の範囲が広がっていると考えられる。しかしながら、その開発、製造、申請、輸送、投与、廃棄工程では、さまざまな課題対応が行われている。2019年のプレフィルドシリンジセミナー(PFSS)では、各界の有識者に、開発からの側面、使用者側に立った人間工学的側面、更には薬事規制に関するトピックについて報告して頂き、その内容について討論を行うことにより医療の進歩に貢献する。

開催概要
 テーマ:コンビネーション製品は患者に安全・安心、健康を提供することができるのか?
 日時:2019年5月21日(火)、22日(水)
 会場:ソラシティカンファレンスセンター
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目4−6
    (https://solacity.jp/cc/access/
 主催:一般社団法人日本PDA製薬学会 メディカルデバイス委員会
 詳細:https://www.j-pda.jp/test/2019052122pfss.html

セッションタイトル
 
A.エンドトキシンに関する最新動向
 B. コンビネーション製品の要求特性
 C. コンビネーション製品の容器素材について
 D. 最新動向 ガラス容器とプラスチック容器の製造工程の違い、注意ポイント
 E. コンビネーション製品のユーザビリティについて
 F. コンビネーション製品の規制に関する最新動向と対応
 G. 使用者(医療従事者・患者)対応事例
 H. コンビネーション製品へのITの応用事例

 講演要旨付きプログラムはこちら
 

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP