製剤技術とGMPの最先端技術情報

2月9日(土)
第19回 医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

開催概要
 日時:2019年2月9日(土)11:00
    参加受付開始 15:00
 会場:北里大学白金キャンパス 大村記念ホール
    〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
    (https://www.kitasato-u.ac.jp/jp/campus-guide/sirokane.html
 申し込み・詳細:http://square.umin.ac.jp/v-safety/symposium/19symposium.html

プログラム
セッション1    ディープシーケンス(座長 遊佐敬介、平澤竜太郎)
   ディープシークエンス法の基礎とウイルス安全性への応用
     水谷哲也(東京農工大学)
   ディープシークエンス法を用いたセルバンクのウイルス安全性評価
   (Advanced Virus Detection Technologies Interest Group: AVDTIG の紹介)
     遊佐敬介(国立医薬品食品衛生研究所)

セッション2    特別講演(座長 片山和彦)
   ジーンドライブの原理と動向
     田中伸和(広島大学)

セッション3    特別講演(座長 木所 稔、本川賢司)
   世界ポリオ根絶計画の進捗と残された課題
     清水博之(国立感染症研究所)
   MMR ワクチンと MR+M ワクチンの違い
     中山哲夫(北里大学)
   ワクチン・アジュバントの次世代安全性評価法(Systems Vaccinology)
     佐々木永太(国立感染症研究所)
   血液製剤とウイルス安全性
     坂井 薫(日本血液製剤機構)

セッション4    再生医療等製品(座長 佐藤陽治、小原有弘)
   ウイルスベクターを利用した造腫瘍性未分化 ES/iPS 細胞の高感度検出法の開発
     河野 健(国立医薬品食品衛生研究所)
   遺伝子治療におけるウイルスベクターの安全性
     小野寺雅史(国立成育医療研究センター研究所)
   再生医療等製品のウイルス検査 
     渡邊 健(日水製薬)

 ※講演スケジュールは変更される場合がございます。

前のページへ戻る

こちらの記事もご覧ください