製剤技術とGMPの最先端技術情報

慶應大、疾患特異的iPS細胞を用いた創薬技術でALS治療薬の治験開始

 慶應大学病院神経内科診療科部長の中原仁教授、診療科副部長の高橋愼一准教授らは、慶應大医学部生理学教室の岡野栄之教授らとともに疾患特異的iPS細胞を用いた創薬技術を応用し、新たに見出したALS治療薬の...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る
関連キーワード

こちらの記事もご覧ください